かぞミュ NPO法人ミュージカルかぞ に生まれ変わりました

 

設立趣旨書

 

 

1 趣旨

 

 ミュージカルかぞは平成247月の任意団体立ち上げから現在まで、常に地域社会に根付いた活動を展開して参りました。地域の特色を活かした舞台芸術文化を通して『生きる』ことを学び、積極的に社会に参加し、後世に『郷土愛とアイデンティティ』を伝えることを活動理念としております。活動の特色として『三世代ミュージカル』と称した多世代交流活動により、未来を担う若者のコミュニケーション能力の向上と、知識経験豊かなシルバー世代の社会参加を同時に達成します。また、国際平和に貢献できる人材を育成すべく、子どもたちが舞台活動を通して感性を磨き、平等の精神と人格の尊重を感覚的に学ぶ機会を促しております。

 地域社会と文化芸術の結びつきにおいても継続的に探求し、第1回本公演を加須市教育委員会との共催事業、それ以降の毎年の本公演は加須市および加須市教育委員会との共催事業として活動を展開しております。舞台作品が地域の誇りとなるよう使命感を燃やしながら活動しております。

 過去7年間の活動を礎に、さらに技術的、精神的に高水準な舞台作品を定期的に国内外で公演し、地域社会の活性化と文化意識の向上、そして人材育成に貢献する事業を展開していきたいと考えております。

 

 

 

2 申請に至るまでの経過

 

 平成24722日騎西文化学習センターにて立ち上げ式典を開催し、任意団体ミュージカルかぞを設立しました。これまでの任意団体としての活動をさらに発展させるために、平成318月より各機関へ相談し、折原久義代表と阿瀬見貴光総監督がNPO法人化の検討を開始しました。平成3123日の定期総会にて全団員に法人化検討について告知し、平成31210日より関係文書にて勉強会を行い法人化の必要性を認識しました。平成31324日に臨時総会にて法人設立が承認され、第1回発起人会を開催しました。令和元年55日に設立総会を開催しました。

 今後、我々の活動をより多くの方に知っていただき、より確実でダイナミックな事業展開のためにNPO法人化が必要であると考えております。

 

・令和元年5月、特別非営利活動法人の申請手続きを完了しました。

・令和元年7月19日、所轄庁より認証されました。

・令和元年7月26日、特別非営利活動法人として活動をスタートしました。